記事Articles

News(海外情報)
2022.07.07
【海外情報】 妊婦のビタミンD摂取で子供のAD罹患率が低下
ビタミンDが不足するとアトピー性皮膚炎(AD)になりやすいことが知られているが、英国サウサンプトン大学の研究によれば、妊娠中に母親がビタミンDサプリメントを摂取していると、生まれてくる子供のAD罹患率・・・
記事の全文は、
会員様のみご覧いただけます。

ご入会をご希望の方は、
以下からお問合せください。